This Archive : 2010年11月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.11.30 *Tue

変な生き物発見してみた。

猫用あったかマットを被り、徘徊する桜。
      ↓
変な生き物

桜さん、それは敷くものであって、被るものではありませぬぞ。(--;
スポンサーサイト

2010.11.26 *Fri

ギョウザ、皮から作ってみた。

ギョウザだホイ、ギョウザだホイ、ギョウザだホイホイホイ♪

餃子


ビールだホイ、ビールだホイ、ビールだホイホイホイ♪

餃子2


2010.11.25 *Thu

ハート見つけてみた。

小豆島から連れてきたオリーブに
ハート型の葉っぱがついているのを発見しました。
                  ↓           
syukusyou 1

かわいい

2010.11.22 *Mon

ねぎま鍋作ってみた。

寒い日の夜は、やっぱり鍋ですね。

家に深谷ネギがあり、スーパーでマグロが半額だったので
久しぶりに「ねぎま鍋」を作りました。
    ↓
ねぎま鍋


だし汁に酒、醤油、みりんを加えて味を調えた中に
たっぷりのネギとマグロを入れただけの簡単鍋です。

薄切りにしたマグロは、あらかじめ漬け汁に漬けておくのですが、
そこに蜂蜜とサラダ油を加えるのがポイント。

漬け汁の目安としては
300グラム程度のマグロに対して
蜂蜜、サラダ油各小さじ2
醤油大さじ1

こうしておくと赤身でもパサつかず、しっとり仕上がります。

お好みで七味や柚子胡椒をつけて食べるとおいしいですよ~♪


2010.11.20 *Sat

祝ってもらってみた。

仲間達が一ヶ月遅れの誕生日会を開いてくれました~

先月は猫の不妊手術があったり、風邪をひいたりして
皆と会う時間が作れなかったのですが、
わざわざ連絡をくれて、楽しい時間を過ごすことができました。(感涙。

昔、短期間だけ働いていた先の同僚たちなのですが、
未だに頻繁にお付き合いをしてくれるのが嬉しいです。(^^)

皆から贈られた品々~ 
   ↓
クリーム縮小
左:ハンドクリーム(クラブツリー&イヴリン)
右:ハニックス トリートメントリップス(ホーケン)

どちらも自然派で素敵な香り。
特にトリートメントリップには国産蜂蜜がたっぷり配合されていて
本当においしい 味  香りがします。(食べ物ではない。。。)

皆の行きつけの飲み屋の大将からも
こんなに素敵なお花をいただきまして。
    ↓
ガーベラ縮小

なんだかピンクがいっぱいで可愛いです。(^^)

これで心も身体も潤って、寒い冬も乗りきれそうです。
みんな、ありがとう~
これからもよろしくです



2010.11.18 *Thu

赤い花が欲しくなってみた。

ポインセチアやシクラメンが、
そこかしこに飾られる季節になりましたね。

我が家の玄関もそろそろ冬の装いにしようかと思い、
ちょこっと寄せ植えを作ってみました。
      ↓
シクラメン

寒くなると、赤い花を取り入れたくなるもので、
こんなお花も飾ってみたり。
      ↓
コスモス
チョコレートコスモス 『ノエルルージュ』。

実際はもう少し赤茶色をしています。
鼻を近づけると、ほんのりカカオの香りもするのですよ~(^^)

段々と気候は寒くなっていきますが、
気持ちはポカポカにしていきたいですね。



2010.11.17 *Wed

姉妹愛に感動してみた。

ど~も~
久しぶりの猫ちゃんず☆ミです。

じと目

おなかの傷もすっかりキレイになって
毎日元気に走り回っていた猫ちゃんず☆ミ。

相変わらず旦那さんのニオイ大好きの葵ちゃんでしたが・・・

ふんばる
旦那さんの腰の上でふんばる葵。(右足がなんとも・・・)


なんと、左足内側の付け根の毛が抜けているのを発見!
早速お医者様に診ていただいたところ、
感染症などではなく、自分で舐めすぎて毛が抜けたのだそうで。

一部炎症を起こしている箇所もあるので、
しばらくは消毒と塗り薬が必要です。

そして、エリザベスカラーも復活。
取れたばかりなのに、かわいそう・・・
早く気付いてあげられなくて、ごめんよ。(涙)

帰宅後も、すっかり意気消沈の葵。

少しでも元気を出してもらおうと
大好物の猫草を買ってきたのですが、
カラーが邪魔で自分だけでは上手く食べられず、
「ムキー!」となる始末。

仕方なく、一本ずつ抜いて与えてやると
おいしそうにムシャムシャ食べてくれました。。。

また不自由な毎日になりますが、
しばらくの間辛抱してね。(><)

そんな葵をみて、桜はどうしたかといいますと、
葵の顔をペロペロ舐めてあげたり、
葵が用を足した後のトイレの砂かけを代わりにしたりと
とーっても献身的。(ほろり

仲の良い姉妹で、嬉しいぞ!

猫草
猫草に顔を突っ込み、貪り食う桜。



2010.11.16 *Tue

サフラン咲くの待ってみた。

サフラン

もうすぐ咲きそうです。

花ひらいたら、すぐにメシベをゲットせねば。

サフランライスには足らないけれど、
お湯に入れて「サフランティー」にはできるかな?


2010.11.14 *Sun

最後の夜を楽しんでみた。

さて、
旅行の最後の晩餐は高松にて。

入ったお店は「カンティーナ

以下、巴御前による撮影です。

高松ごはん
アボガドのタルタル。


高松ごはん2
魚介のオーブン焼き~柚子醤油ソース~、の残骸。


あとの写真は・・・ない。(てへっ


店の雰囲気もよく、
どの料理も大変おいしく頂きました♪

店を去り際に巴御前が一言。
「また来年あたりに来ます。」

やっぱり来るんだ。

それを受けてメガネのイケメン店員さん。
「また来年おまちしております。」

ノリいいね。


二人で重い荷物をゴロゴロ引き、
ゲラゲラ笑いながら高松駅へ。

傍から見れば、きっとオカシな二人だったはず。
人通りがほとんどなかったのが救いです。(^^;
何がそんなにおかしかったのかは、
未だもって不明ですが。
(ただの酔っ払いとも言う・・・)


息を切らしながら、
寝台特急列車「サンライズ瀬戸」に乗り込みました。
(結構時間ギリギリ。)

23.jpg
中は狭いですが、結構キレイです。

その後も二人で旅の話で大いに盛り上がり、
最後の夜も更けていったのでありました~



・・・翌朝。
定刻通りに東京駅へ到着。

そのまま職場へと向かう巴御前。
キャリーをゴロゴロ引き、
オリーブの苗(×2)を引っさげて
通勤ラッシュという名の戦場へ赴く姿は
とーっても頼もしかったです。(^^)


巴御前のおかげで、本当に楽しく
貴重な体験をすることができました。

きっと私ひとりだけでは、
一生こんな旅は出来なかったことでしょう。

ありがとう、巴御前。

そしてありがとう小豆島!

小豆島の自然も大好きですが、
何よりも、島の人たちに惚れました。

皆さんあったかくて楽しい人たちばかり。
本当に心が満たされました。
(お腹もね。^^)

最近ちょっとお疲れで、エネルギー不足という方は、
是非一度小豆島へ~!


小豆島旅行記、おしまい。

2010.11.13 *Sat

石、買ってみた。

オリーブ公園を出た後は、巴御前オススメの石屋さんへ。→「西山石材株式会社
今回うかがったのは草壁展示場。

こちらでは沢山の天然石を扱ってまして、
私も巴御前もウッハウハでございます。
(二人とも大の石好きなのです~)

どの石たちもキラッキラ輝いていて
活きがいい(?)ものばかり。
しかも安い!

石を選ぶ巴御前の、真剣な眼差しがコワかったです。
(軽く炎背負ってましたぞ

で、買っちゃいましたよ。
石
私が購入した石たち・・・の一部。(^^;

大きさはどれくらいかといいますと。

isi 2
このくらい。

でかい。
でも安い!
しかし重い!!

この重い石たちと、オリーブの苗(×2)を持って
東京へ帰るオイラたちって、いったい・・・

わが生涯に、一遍の悔いなし!!
(胸張っていうことではない。。。)


店員さんもとても感じの良い方で、
楽しくお買い物ができました♪

清算後に
「お店のスタンプカード、作る?」と言われ、

へ?(また小豆島まで来いと?)

「有効期限ないから、作っとき~」

言われるがまま、スタンプカードを作ると、
なんと残りスタンプ4つで1000円分の商品券ゲットです。
1000円あれば、このお店ではいい買い物ができます。

「また来ないとあかんでぇ~」(にっこり。)

ああ、なんだかとっても商売上手なおねえさんです。(^^;


その後コーヒーまでご馳走になりまして、
小豆島に住んでいたら、このお店も絶対常連になっていますな。

そして気付けば、もういい時間。

店を後にし、オリーブ温泉でひとっ風呂。
露天風呂から、それはそれは美しい夕日を見ることができました。
最後に素敵なご褒美を貰った気分♪

さあ、とうとう小豆島ともお別れです。
帰りのフェリーに乗り込むと、もう外は真っ暗。
そしてなんだか巴御前の表情も真っ暗。

本当に小豆島が好きなんですねぇ。
そう沈まんと。
また来ればいいじゃないですか。(^^)



次回でホントに終わる、ハズ。。。


2010.11.13 *Sat

オリーブ公園行ってみた。

最終日はこれまたいい天気!ぽかぽかです

大きな荷物を土庄港の一時預かり所へ預け、
バスでオリーブ公園へ行きました。

オリーブ公園のHPはコチラ→「小豆島 オリーブ公園

ちなみに預かり所のおじさんから
「鼻出たらこれ使いぃ~」
と言われて貰ったポケットティッシュ。
(決して鼻たらしていたわけではありませぬ。)
    ↓
せばすちゃん
香川県バス協会のキャラ。
手前から「セバスパパ」、「セバスママ」、「セバスちゃん」。

セバス・・・チャン。(執事?)

素敵なネーミングセンス。
もったいなくて使えません。(^^)


さてさて、やってきましたオリーブ公園。
気分は地中海?
28.jpg

オリーブがたわわに実っております♪
29.jpg

オリーブの実はそのまま食べるとかなり渋いそうです。
キャンプでやまちゃんから貰ったオリーブの新漬けも、
何度も渋抜きしてから作るそうで、
かなり手間がかかっています。


こんな素敵な風車もありまして。
32.jpg


こちらがオリーブの原木。
31.jpg

オリーブ公園のお隣がオリーブ園となっていまして、
原木はオリーブ園側にあります。
(敷地の境目がよくわかりませんが・・・)

オリーブ園のHPはコチラ→「小豆島オリーブ園

オリーブは平和の象徴といいますが、
たくさん木々に囲まれていると
本当に気持ちが穏やかになります。


オリーブ記念館の2階にある
喫茶グリースでお昼ご飯
30.jpg
バジルジェノベーゼ・パスタとハーブティー
かなりのボリュームもあって、ウマー♪


オリーブ公園では、苗も売られていまして、
巴御前と共に小さなオリーブの苗を購入。
しかも2つ・・・(^^;
(オリーブは2種類植えないと実がつきにくいそうで。)

巴御前、明日はオリーブの苗(×2)を持って出社です。
新たな伝説がここに。(^^)


あと一回位で終わる、かも。。。

2010.11.12 *Fri

小豆島で食べてみた。

やまちゃんに土庄港の民宿まで車で送ってもらい、
チェックインを済ませた後、オリーブ温泉へ行きました。

広い露天風呂、サイコーです~!!
人も少なく、ほとんど2人の貸しきり状態。
お約束の平泳ぎもしましたよ~(こら。)

その後、オリーブ温泉からてくてく歩き、
巴御前オススメの居酒屋「なぎさ」へ。

入り口に黄色の回転灯がありまして、
それがついていれば営業中らしい・・・
(こんな感じのです。)
  ↓
ELPA 小型回転灯 イエロー SKH-100EHB(Y)ELPA 小型回転灯 イエロー SKH-100EHB(Y)
()
ELPA(エルパ)

商品詳細を見る




店内に入ると、壁一面にメニューが!!
  
25.jpg
すごい数です。

26.jpg
しかも安い。

でもシュウマイには品切れ中の紙が貼られていました。(しょぼん。)

24.jpg
オーダーは自分で書いて、お店の人に渡すという合理的なシステム。

肝心の料理のお味はどうかといいますと・・・
どれもこれもウマイ!!
そしてデカイ!!

22.jpg
刺身の盛り合わせ。
一切れが半端なくデカく、ウマイ!

鶏の軟骨から揚げも一つが大きくて
普通のから揚げと同じ大きさ。
某居酒屋チェーンで出てくるような
小さいものとは違いますわ。

そして「こちの煮付け」
これは大将自ら、ふた付きの立派な器に入れて
運んできてくれました。
身がしっかりしていて、味付けも最高!
大将の自信作だったようです。(^^)

写真は・・・ない。(スマン)

あと私が最も感動したのが、だし巻き卵!
21.jpg
今まで食べただし巻き卵の中で、
パーフェクトでございました。

味も濃すぎず、薄すぎず。
硬さもやわらかすぎず、硬すぎず。
100点満点でございました~

食後は女将さんの運転で
民宿まで送ってもらいました。

いたれりつくせり。ありがたや。
小豆島に住んでいたら、
絶対常連になってますな。

私達が泊まった民宿マルセは、建物は古いですが、きちんと掃除されており、
従業員の方もとても親切であったかい雰囲気のお宿です。(^^)

久しぶりに布団の上で足を伸ばして寝ることが出来ました。
布団サイコー!
あ~、幸せ


あともうちょっとだけ続く。。。

2010.11.11 *Thu

無人島へ行ってみた。(涙の帰還編)

習うより慣れろという言葉のとおり
翌日には漕ぎ方のコツも掴んできまして、
なかなかいい感じで進んでいきました。
12.jpg

空は相変わらず曇っていますが、
雨に振られることもなく、順調に進み
お昼休憩となりました。


16.jpg
本日のお昼「厚揚げパスタ」

やまちゃん、ベーコンを持ってくるのを忘れ、
代わりに厚揚げが入りました。
でもこれが意外とウマイ!
やさしいお味でしたよ~(^^)


17.jpg
前日の深酒が祟り、
グロッキー状態の巴御前。


18.jpg
お昼休憩中、廃校になった小学校のグラウンドから。
少し物寂しい雰囲気です。。。

その後、巴御前も復活!

途中「クシャおじさん岩」を眺めたり、
エンジェルロードをギリギリ渡ったりして
池田港まで無事戻ってくることができました。

やまちゃんのお陰で
「ミッション・コンプリート」(?)であります!
やまちゃん、ありがとう!!

そしてこんなダルダルな私に呆れずにいてくれた
巴御前もありがとう!
(いや、呆れてた・・・か?^^;)

やまちゃんが私達を撮ってくれた写真が
自然舎さんの11月7日付のブログに載せられているので
そちらも是非ご覧になってみてくださいね。
(とっても素敵な写真です!!)
      ↓
自然舎日記in小豆島


小豆島旅行記、まだまだ続くです。。。


2010.11.11 *Thu

無人島へ行ってみた。(早朝編)

早朝、ぽつぽつとテントに雨粒が落ちる音で
目が覚めました。

翌日の千振島は、昨日の晴天とはうってかわって
あいにくの雨。
それでも空気が気持ち良いです。

15.jpg
早朝の風景。
まだ薄暗いです。

19.jpg
静かな朝。

カッパを着ながら朝ごはんを食べて、
撤収準備をしました。

20.jpg

出発する頃には何とか雨も上がり、
雲の隙間から青空も♪

巴御前曰く、
「雲に『どけ!』って言っておいた。」だそうです。
ありがたや。
このくらいの天気の方が、暑くなくていいかもしれませんね。

さあ、小豆島へ向けて出発です!



「涙の帰還編」に続く。。。
(長くてすまん。)



2010.11.10 *Wed

無人島へ行ってみた。(日没編)

午後もえっちらおっちら漕ぎ続け、
途中やまちゃんからもらったキットカットで
エネルギー補給をしつつ、
なんとか千振島に到着しました~

9.jpg
空の色が綺麗です。


7.jpg
反対側の岩場。
その向こうの物陰あたりがトイレになります。(^^;


3.jpg
まずは暗くなる前に、やまちゃんに教わりながらテントを張って・・・

そしてそして、お待ちかねのビールでカンパーイ!

33.jpg
かぴきー、もとい柿ピー(内輪ウケ)と
右上にあるのは自然舎スタッフさんお手製漬物。
手前は今の時期にしか出ないオリーブの新漬け。
すんごくおいしかったので、帰りのお土産に購入決定。


6.jpg
晩御飯の仕度をするやまちゃんと、その奥で踊る巴御前。
(女二人、手伝おうよ・・・)


5.jpg
あっという間に日も落ちて・・・

焚き火を囲んでの晩御飯になりました。
本日のメニューはキムチ鍋とタコライス。
おいしかった~
(写真・・・撮るの忘れた。)

この日は新月だったので、月明かりもなく真っ暗に。
その代わり沢山の星を見ることが出来ました。

波打ち際には海蛍もキラキラと輝き、
静かで美しい夜でした。


早朝編へ続く。。。

2010.11.10 *Wed

無人島へ行ってみた。(お昼編)

今回お世話になったガイドさんは
「自然舎(じねんしゃ)」の山本さん(通称やまちゃん)です。

物腰柔らかいですが、とっても頼りになるお方。
自然舎のホームページへはコチラをクリック♪
  ↓
自然舎

今回は二人乗りのシーカヤックで小豆島の池田港から、
無人島の千振島(ちぶりじま)まで行きます。
やまちゃんの説明によれば、
今日は15キロ弱、明日は20キロ弱漕ぐらしい。

って、そんなに漕ぐのですかい?
全くの初心者なんですけどー
一週間前まで熱出して寝込んでたんですけどー
と心の中でぼやきつつも、準備を整えいざ出発。

・・・自慢ではありませんが、
私は始めてやることに関しては超が付くほど要領が悪いです。
そしてそんな自分を認めて
「しゃ~ないやんけ。できんものはできん!
と堂々と開き直る特技も持ち合わせています。

なので、最初漕ぎ方を色々アドバイスしてくれていたやまちゃんも、
途中で諦めたのか、最後には
「進んでるから、いいや。」

そう。それでいいのよ。(偉そうに言うな。)


2.jpg
手前が巴御前と乗った2人乗りのカヤック。
奥がやまちゃんのカヤック。
意外と荷物も沢山詰め込めます。


巴御前のお陰で何とか進み、
やっとお昼休憩です。(待ってましたー!)

やまちゃんがパパっと調理器具を取り出し、
おいしいごはんを作ってくれました~(手伝えよ・・・)

1.jpg
やまちゃん特製麺。
豆乳をつかった具沢山でウマー!
みかんも甘くてウマー!

4.jpg
ガイドの山ちゃん。
料理上手でいいひとです。


日没編へ続く。。。



2010.11.10 *Wed

小豆島行ってみた。

金曜日の夜から、友人の巴御前(もちろんあだ名です。)と
小豆島へ行ってきました。

私は初めての小豆島ですが、巴御前はこれが2度目。
しかも一人旅で4泊したという伝説の持ち主。
大変心強いです。

新宿から四国の高松まで、高速バスで約10時間。
そこからフェリーで1時間かけて小豆島の土庄港へ到着。

島はとっても良い天気でテンションも上がります。

10.jpg

今回の旅のメインは、シーカヤックでのキャンプツアー。
無人島へレッツらゴーでございます。


ガイドさんが土庄港まで迎えにきて下さったのですが、
その目の前を、巴御前、華麗にスルー。
(前回もお世話になった人なのに・・・)
ガイドさん、苦笑してましたよ。(^^;

シーカヤックで出発するのは別の港なので、
ガイドさんの車でまた移動。

はてさて、どうなりますことやら。
旅行記しばし続きます。。。


2010.11.05 *Fri

復活してみた。

猫ちゃんず☆ミ、抜糸も終わり完全復活しました。

復活
「おなかすいたです。」

復活2
「逆光ですにょ。」

エリザベスカラーがとれた途端、
ドタバタ追いかけっこも復活。

ま、元気なのは良いことです。(^^)

さて、ワタクシ本日より友人と「島」へ出かけてまいります。
復活した猫ちゃんず☆ミともしばしの別れ。
旦那さん、二匹のことよろしくです。

今回の旅は名付けて「生きて帰ろうツアー」。
ポケットにチョコレート入れて行ってきます。(内輪ウケ


2010.11.02 *Tue

補助申請してみた。

やっとこさ、ホントのホントに体調が戻りました。
今回の風邪はかなり手ごわかったです。
もう歳だろうか・・・(ヒッ!

さて、今日は体調も整い、お天気も良かったので
猫ちゃんず☆ミの不妊手術の補助金申請をしに
区役所へ行ってきました。

私の住む川崎市では予算がなくなり次第終了してしまうのですが、
なんとかギリギリ間に合いました。(よかった~)
川崎市内で申請する予定の方は、お早めにどうぞ。

しかし、不妊・去勢の補助というのも、
地域によって様々なのですね。

申請の対象や金額もまちまちで、
助成金が全くない地域もあります。

飼い猫ならば、飼い主の責任でと言えるかもしれませんが、
飼い主のいない猫を自費で手術している
ボランティアの方々もいらっしゃるわけで・・・

地域の予算が厳しいのも分かりますが、
少しでも助成できないものでしょうかね。

そういえば、先日母から聞いた話なのですが、
実家の近所で猫を6匹飼っているお宅があるそうで。
うち1匹だけがオスなのですが、不妊も去勢もしていないそうです。
メスは完全室内飼いですが、オスは自由に外に出しているらしく・・・

それって、やばくないかい?

助成も大切ですが、
地域に不幸な猫や犬を増やさないためには
我々飼い主の考え方が重要になるのだと思います。

って、
私も猫を飼うまで、こんなこと考えたこともなかったのですがね。(^^;




*** admin ** NewEntry ***

やすらぎの癒し系名言


presented by 地球の名言



プロフィール

雅恵

Author:雅恵
美しいもの、
美味しいものが大好きです。
別名、キッチン侍。
苦しい時こそ前へ出ろ。
おっちぬ時は前のめり。



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -











FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:







ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ATIMET All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。